審美歯科でキラメク歯をゲット~歯科治療で健康なライフを~

歯

相談する

インプラントをする方法

歯科

インプラントの手術は虫歯治療のように簡単ではないので、事前にしっかり時間をかけてカウンセリングを受け、リスクや注意点を理解した上で手術をすることが大事です。 まず歯科クリニックにカウンセリングの予約をして、初日はカウンセリングと検査をします。検査の結果、インプラント手術ができないと診断されることもあります。インプラントをするには、手術に耐えられる体力とインプラントを埋め込む顎の骨の厚さが必要です。 検査をして治療計画を立てたら手術日を決めます。手術は局部麻酔で行われます。麻酔をしているので手術中は痛みはないです。手術が終わればそのまま帰宅できます。最初は人工歯根を埋め込む手術だけで、骨と結合するのを待ってから人工歯を取り付けます。

審美性と機能性を兼ね揃えている

何らかの事情で歯がなくなった部分に新しくセラミック製の人工歯を取り付けるのがインプラント手術です。チタンでできた歯科インプラントは顎の骨としっかり結合した状態なので、固いものを噛んでぐらつくことがなく、どんな食べ物も美味しく咀嚼して食べる事ができます。 ブリッジは隣の歯を削らなければならないので、健康な歯に負担をかけてしまいますが、インプラントなら隣の歯に負担をかけることなく使用できます。そして何よりも審美性に優れているのがインプラントの特徴です。他の自前の歯をなんら変わらない色合いや質感なので、どの歯がインプラントなのか分からない仕上がりになります。審美性、機能性ともに優れているのがインプラントなのです。